これ、なんだかわかります?

March 7, 2016

 

利用者のIさんは魚取りの名人。

船に乗って仕掛けをかけて夕方取りに行くと、この「やな」(びくともいうそうです)にウナギがかかっているそうです。投網を打つと川魚が昔はいっぱい取れたとのこと。驚くのはこれからですよ。なんと竹を切ってきて、竹ひごを作り、一からこれを作ったのがIさんなんです。溶接もできるから周りの輪っかも自分でこしらえたのだとか。家の倉庫にはこれが山ほどたくさんありました。春になって利根川に船をこぎだしてやなを仕掛けに行きたいなぁ。

左から餌を狙て入ってきた獲物は、返しがついているから元には出られず、捕まってしまうんです。引き上げた後は右の竹を編んだ輪を外し右側からぬるーと出てくるという仕組みです。

 

 

Please reload

特集記事

認知症カフェ11/23「ピザと芋煮で感謝祭」

November 23, 2018

1/8
Please reload

記事一覧

October 31, 2019

October 15, 2019

Please reload

アーカイブ