​Blog

検索

オレンジカフェ、竹の子ご飯、筍汁

昨年の4/27に初めてガーデンゆめしずくを開催しました。1年間で20回開催し、地域の中で、徐々に広がってきました。今日もJCOMテレビが取材に来られ、明日の放送だそうです。 1周年はみんなで筍のご飯と具だくさんの筍汁を作ります。 掘り立てをすぐにゆでておくので、えぐみもなく、とっても柔らか~い竹の子。 美味しかった~、来月は5/17です。10:00~13:00。今年度から月に1回程度(17日又は27日)に開催しています。お近くの方ぶらっと寄ってください。認知症予防やサポートの事に関心のある方、遊びの場として、おしゃべりに来てください。

オレンジカフェ・ゆめしずく1周年 ①

あたたかな春の日、オレンジカフェ・ガーデンゆめしずくの開催日です。デイサービスの利用者も芝生広場に出て、朝の体操を一緒に行いました。部屋の中とは違い、外の空気を一杯吸って、元気に手足を動かします。 コグニサイズ・・・手と足、言葉を発しながら違う動きをするものですが、普段からやっている利用者は上手。オレンジカフェの参加者の方が「あれ?」「難しい」と指が思うように動きません。息が上がってくるのも普段体操をしていない人。利用者はこの後ボタンを見にお散歩に行きました。

ボタンの花、匂う医王寺

綺麗な花を見に行こうと誘うと、行こう行こうと、普段あまり歩きたがらない方も、出かけます。疲れたら車いすや歩行器に掴まって歩けるので、一つ一つ違う色、名前のボタンを、匂を嗅ぎ分けながら進みます。小さなお寺ですが、寺子屋として、地域の子どもたちの教育にも力を入れていた由緒あるお寺です。 柏市船戸。600株のボタンが見事です。

桜の下でお弁当

毎年恒例の花見です。スポーツ公園は利根川沿いにあり、筑波卸の冷たい風が吹いてくるため、よそよりも気温が2度くらい涼しいのです。桜の開花も清水公園よりも1週間ほど遅かったです。今年は4月12日から14日に、お弁当を作って、花見です。風の強い日はお散歩で桜を十分愛でておき、竹の里に帰ってから美味しいお弁当をいただきました。

春の防災訓練

「地震だー」の声で、机の下に隠れ、「揺れが収まったので、外に出ましょう」と利用者を促し、迅速に靴をその場で履いてもらいました。はじめは畳の上で靴を履くことに躊躇された方もいます。でも、「本番ではそんなこと言ってられないのだから」と、皆急ぎます。幸い晴れている日なので、芝生広場で、のどかに日向ぼっこ。その後は防災グッズの中から、アルミシートの毛布代りの物を広げて、使い方を体験してみました。普段から何度もやっていることは身についていて、頭巾のかぶり方もさっとできます。かぶってしまうと音が聞こえにくいということが分かりました。 今度からは頭に横に載せて、ゴムを顎に帰るという方法の方がよさそうです。やってみるといろんなことが改善されていきます。今週3日間、利用者が違うので、課題もまちまち。歩けない人をどう誘導するかなど実践していました。

特定非営利活動法人ゆめしずく

 野田市木野崎701 電話04-7157-2100

   http://www.yumeshizuku.org

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now